本文へ移動

ブログ(2023年度)

ブログ130

2024-02-09
 さくら組はやまゆり郵便局に行きましたおこづかいをもらってウキウキの子ども達種類がたくさんある便せんや封筒、切手等を友達と一緒に選び、楽しくお買い物をしましたレジへ行き金額を知ると「110円だから100円玉と50円玉を出す!」と自分で考えながら支払うことができていました数の理解がよりできるようになり、とても成長を感じましたお部屋に戻ってからは、やまゆりこども園にいるお友達に手紙を書きました「誰にあげようかな~?」と嬉しそうに絵や文字を書く姿がありましたよ皆の気持ちが届きますように
 ちゅうりっぷ組は戸外遊びをしました乗りたい三輪車がそれぞれ決まっている子ども達は、外に出るなりすぐにお気に入りのものを取りに行き、自由に園庭を駆け回ったり友達と追いかけっこをしたりと楽しく身体を動かしながら遊ぶ姿がありました滑り台では自分でカウントをとり「ゴー!!」と掛け声をしながら何度も滑って楽しむ姿がありました砂場では大きな山を保育者や友達と一緒に作り「線路を作ろう!」「バスを走らせよう!」などと意見を出し合い仲良く遊ぶことができました他にもお店屋さんごっこやかくれんぼ等、好きな遊び方を見つけて存分に楽しんだ子ども達でした

ブログ129

2024-02-07
 ひまわり組のマラソンの様子です毎日通り過ぎる地域の方に「おはようございます」と元気に挨拶をしながら、マラソンをする子ども達初めの頃は少しの距離でも「疲れた!」と言っていた子ども達でしたが、毎日行う中で少しずつ体力もついてきて、今では子ども達の方から「早くマラソン行こう!」「もっと走りたい!」と言う程になりました引き続きマラソンを通して寒さに負けない身体作りをしていきたいと思います
 たんぽぽ組は前に作った雪だるまのスタンプに飾り付けをしてスノードームを作りました初めは小さなキラキラシールに苦戦していましたが、コツを掴むと上手にはがして飾り付けを楽しんだ子ども達可愛い目やニンジンの鼻も加えて個性豊かな素敵な作品が完成しましたよ

ブログ128

2024-02-06
 すずらん組は筆を使ったデカルコマニーという技法に初めて挑戦しました少しずつ色の名前も覚えてきた子ども達は、画用紙の色から絵の具の色まで全て自分達で選びました「ぬりぬり~」と言いながら画用紙の半分に楽しく色を塗って、その後は何もついていない方の画用紙と折り合わせて”ぎゅっぎゅっ”広げると絵の具の色が移ってデカルコマニーの完成子ども達は「わぁ!!」と大喜びでした今回の作品がどんなものに仕上がるのかお楽しみに~

 すみれ組は伝承遊びの”はないちもんめ”をしました初めてということもあり、ルールや掛け声を一生懸命覚える子ども達少しずつ慣れてくると、大きな声で掛け声をしあったりと大盛り上がりでしたよAチームとBチームで戦い、3勝1敗でBチームが勝ちましたBチームのじゃんけんの強さに驚きつつも悔しそうにしていたAチームでした「もう一回したい!」と子ども達からのリクエストもあったので、次はどちらのチームが勝つのか楽しみですね

ブロ127 ☆節分☆

2024-02-02
 まずはちゅうりっぷ組今日は以前作ったお面を身に付けて節分ゲームを楽しみました「豆まきするぞ~」と朝から気合十分だった子ども達豆まきコーナーでは「鬼は外福は内~」と元気な声と共にボールを投げ、皆で楽しむ事が出来ていました本物の鬼さんが登場すると・・・「怖い~」と泣いてしまう子もいましたが、これからの健康と幸せを願い、気持ちを込めて豆まきを頑張った子ども達でした
次はさくら組今日は節分行事を行いましたまずは「節分」とはどういう意味か、どのように過ごすのか等の話を聞き、節分について学びました鬼がやって来ると「鬼は外」と新聞紙で作った、豆を思いっきり投げ、豆まきを楽しみましたその後は豆入れゲームやおにおにバスケットのゲームをして遊びました豆入れゲームでは、3チームに分かれて点数を競い合ったり、おにおにバスケットでは鬼のお面の色を指定してお題を出したりと皆で楽しみました

ブログ126

2024-02-01
 すずらん組は鬼のお面製作をしました頭の部分は桃・黄・水色の中から好きな色を選び「ぽんぽん」と言いながら上手にたんぽを動かし色を付けることが出来ましたまた、今回は顔を描く事にも挑戦し、ペンをグルグルと動かしたり、真っ直ぐ線を引いたりして様々な表情の鬼が完成しました
 続いて昨日のキッズワールドカップでのひまわり組の様子です「絶対勝つ!」と気合十分で試合に挑み、勝利を目指して全力で頑張った子ども達試合の中でゴールを決めてハイタッチして喜び合う姿や、「大丈夫!」と励まし合う姿、負けて悔しくても、気持ちを切り替えて友達を応援する姿に感動しましたまた、保護者の方や、さくら組の熱い応援に嬉しそうな様子で、更に一人ひとりの力となりました準決勝まで頑張り、結果は惜しくも負けてしまいましたが、悔しい気持ちを皆で分かち合い、とても良い経験となりましたたくさんの応援ありがとうございました
TOPへ戻る